身体に様々な悪影響をもたらす猫背の怖さと治し方

デスクワークなどで長時間同じ体勢をとり続けると、筋肉を動かす機会が減ってしまい、体を支える筋肉が衰えてしまうために猫背になります

猫背の姿勢に慣れてしまうと、腹筋や背筋の力が衰えてしまい、ピンと背筋を伸ばしても維持するのが難しくなります。

そうなると、さらに楽な姿勢をとろうとしてより一層猫背になる、というスパイラルにはまってしまいます

そんな猫背は慢性化するほど、身体に様々な悪影響を及ぼします。

あなたは今ドキッとしていませんか?

今回は、猫背による影響と本当の治し方をご紹介します。

猫背が身体にもたらす悪影響

猫背が慢性化すると様々な不調が現れます。

・首こりや肩こり

人間の頭の重さは、なんと約5kgもあります。

それを支えている首や肩には、日々大きな負担がかかっています。

これを正しい姿勢で支えていれば問題はありませんが、猫背になるとバランスが崩れて、その負担が首や肩に行ってしまいます。

また、猫背で過ごしていると胸の部分にある大胸筋と肩から背中にある僧帽筋にこりが生じます。

この2つの要因から、首こりと肩こりが起こって慢性化します。

・呼吸が浅くなる

背中が丸くなることで胸を閉じるように姿勢になってしまうので、呼吸が浅くなります。

・胃腸の調子が悪くなる

胸だけではなくお腹も圧迫されるので、胃腸の働きも低下します。

・便秘

猫背により内臓に負担がかかる上、自律神経が圧迫され「トイレに行く」という神経回路にまで影響を及ぼします。

・手足のしびれ

猫背によって部分的な血流の滞りが起こり、しびれや痛みが出る事があります。

・脳梗塞、くも膜下出血の危険

猫背が首の血管を慢性的に圧迫し、そこに首をぶつけたり急激に曲げたり等の何らかの衝撃が加わったとき、血管が割けてしまったり詰まったりしてしまう危険性があります

猫背を直すなら体幹トレーニング!

猫背を正そうと、背筋をピンと伸ばすと背筋と腹筋に疲れを感じませんか?

つまり、正しい姿勢を保つ時には胴体の筋肉が必要なのです。

しかし、今まで猫背だった人は背筋も腹筋も衰えてしまっています。

だからこそ、体幹トレーニングで胴体のインナーマッスルを鍛えるべきなのです。

インナーマッスルを鍛えると、自然に背筋もピンとします。

猫背を直すための体幹トレーニング方法

体幹トレーニングは、スペースもあまり要らずに数秒〜数分でできてしまう気軽にできるトレーニング方法です。

体幹トレーニングにはいろんな種類がありますが、ここでは、一番簡単なプランクというトレーニング方法をご紹介します。

1. うつ伏せで寝た状態から、床に肘とつま先だけを付きます。

2. 両膝を肩幅程度に開いて、肘の位置は肩の真下にあるかを確認します。

3. 頭からかかと部分が一直線になるように意識をして、お腹周りに力を入れます。

4. 肩甲骨をキュッと引き締めるような感じで寄せたら、視線はまっすぐ下の床を見ます。

これで、30秒〜1分間静止します。

これを1日に3セット以上を目安に行ないましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Network-wide options by YD - Freelance Wordpress Developer