気になる足の臭い!五つの原因はこれだった



足の臭い気になったことありませんか?毎日洗っているのに靴を脱いだ瞬間、なぜか漂うあの匂い、そんな時の為に足の臭いの原因5か条を知っておきましょう

1.足の裏の角質ケアが不十分

古い角質は雑菌のエサになるため、臭いの原因になります。

足の臭いは自分が不快になるだけではなく、他人にも不快感を与えてしまいます。

足の臭いが原因で、人の家に行きづらくなったりもします。

足の臭いの原因には、実は角質が大きく関係しています。

臭いの直接の原因といわれているのは、足の表皮に潜んでいるブドウ球菌やコリネバクテリウムといった微生物です。

これらの微生物は、靴を履いていることにより蒸れて柔らかくなった古い表皮の細胞を活動源として分解することにより臭いを発生させているのです。

さらに人間の足裏は体温が上昇しやすいため、エクリン汗腺が多く分布しており、1日でコップ一杯、およそ200mlもの汗をかくともいわれています。

靴を履いている間は、通気性が良いと謳っている靴を履いても、靴下をはいているだけでいるよりかは通気性が悪く、汗をかきやすくなるため、常に蒸れて微生物が発生しやすい環境になっています。

そこで発生した細菌が増殖することにより、足の臭いが強くなり、増殖した細菌が靴に残ってしまい、靴も臭くなるという状況が引き起こされます。

つまり、微生物の食料となるものを少しでも減らすことができれば、足の臭いの予防にもつながります.。

2.足をきちんと乾かしていない

せっかく足を念入りに洗っても、乾ききらないまま靴下やストッキングを履いてしまえば、足は蒸れ、雑菌が繁殖してしまいます。

雑菌は湿度が高い場所を好むため、足が蒸れていると、雑菌が繁殖してしまうのです。

3.靴のサイズが自分にあっていない

靴は自分にあったサイズを履かなければいけません。

サイズの合わない靴は通気性も悪く、発汗も促進するため臭いの原因になります

4.ストレスが原因でよけいに汗をかいてしまう

足の臭いは、精神的なストレスも要因になるという。例えば、こんなことはないだろうか?家にいる時は足が全く臭わないのに、職場で仕事をしていると臭ってくる。

極度に緊張すると、手のひらや足に大量の汗をかいてしまう。
このように、ストレスによる汗によって、足の臭いが強くなることがある。今まで全く臭わなかったのに、急に臭いがきつくなった時は、環境の変化や緊張など、ストレスが原因の可能性も考えられる。
このようなストレスが原因で起こる多汗を、「精神性発汗」と呼ぶ。

5,毎日同じ靴を履かない

お気に入りの靴は毎日履きたくなりますが、足の臭いが気になる場合は要注意です。前日の汗が染み込み、乾き切らないうちに次の日も同じ靴を履いてしまうと、雑菌が常に繁殖している状態になります。これでは、靴に嫌な臭いがどんどん染みついていってしまいます。

足の臭いを抑えるためには、靴を3足用意し、1日ずつローテーションで履くとよいです。1日履いた靴は2日間休めて、しっかり乾燥させてから再び履くようにするのです。乾燥させることにより、靴で繁殖していた雑菌が死滅し、靴の中で雑菌が増え続けるのを防ぐことができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Network-wide options by YD - Freelance Wordpress Developer