ストレスってなに?




「最近、ストレスが多いな~」、なんてつぶやき、つい口にしていませんか?

「ストレス」という言葉は、私たちにとって身近な言葉ではあります。

でも、「ストレスってなに? どうしてストレスはできるの?」と聞かれると、なかなかうまく説明できないものです。

今回は、私たちのみのまわりにあって、知っていそうで知らない、ストレスとストレス解消法について、見ていきたいと思います。

ストレスとは?

ストレスとは、外部から刺激を受けて、体に起こる反応、その反応の原因となるストレッサー(刺激)のことを言います。

ボールを指で押すと、へこんでしまいます。

ストレスとは、このへこんでしまった部分、へこみを起こす力のことだと考えると分かりやすいでしょう。

たとえボールがへこんでしまっても、指をどかすと形は元に戻ります。

私たちの体も、ストレスを受けて体調を崩したとしても、ゆっくり休息をとれば、またもとの健康な状態に回復します。

私たちがこのように、休息によりもとの状態に戻れるのは、体内で「ホメオスタシス(生体恒常性)」という機能がはたらいているためです。

ホメオスタシスは、正常な体に戻そうとするはたらきのことを言います。

このように、ボールが元に戻るように、私たちの体は、へこんでしまった状態を元に押し戻す力がそなわっています。

しかし、大きな圧力がかかったり、かかりすぎてしまったりすると、一度へこんだボールは元に戻らず、へこんだままになってしまいます。

私たちの体も、同じように、ストレスが強すぎたり、長くストレス過多の生活を続けてしまったりすると、ホメオスタシスがきちんと働かなくなってしまいます。

ストレスによる、悪影響が出てきてしまいます。

だから、心身の健康のためにも、ストレスを受ける量、時間をコントロールすることは大切です。

ストレスとのつきあいを考えるとき、よく行きがちなのは、「ストレスをとにかく、なくしてしまおう!」という考え。

ストレスをコントロールすることは大切ですが、まったく排除すべき、と思うのはちょっと違います。

なぜなら、私たちはストレスを感じるからこそ、生きることができるからです。

ストレスは私たちの体が出すサインです。

「疲れ」というストレスを感じなければ、知らずに働きすぎてしまって、体を壊してしまうでしょう。

「不安」というストレスを感じなければ、努力する気も起らないものです。

暑さ、寒さにストレスを感じなければ、「涼しいところに行こう」「あったかくしよう」と対策をとって、身を守ることもできなくなってしまいます。

適度なストレスがあるからこそ、私たちは人生をうまくわたっていけるのです。

生きている限り、ストレスとはずっと付き合っていかないといけません。

だからこそ、ストレス過多でホメオスタシスの機能を阻害してしまわないよう、考え方や行動様式、生活習慣をうまくコントロールすることが大切なのです。

マイナス思考でいたりすると、ストレスはたまる一方です。

ストレスがたまりすぎないように、うまくリセットするすべを身に付けると良いですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Network-wide options by YD - Freelance Wordpress Developer