小室圭さんの自宅に汚物投げ込み事件


小室圭さん(26)の留学後、母・佳代さんの所在が杳(よう)として知れない。
宮内庁や外務省も関心を持つ彼女の“失踪”。そんな中、母子が消えたマンションで、
ある警察沙汰が起きていた。誰が一体、何のために──。

現場は、神奈川・横浜の住宅街にあるマンションだ。敷地内に異物があることに気づいた
住民が警察に通報すると警察官が駆けつけ、緊張感が走ったという。

「9月中旬のことです。あのマンションに、女性が“汚物”を投げ込み、その女性は警察に
捕まったと近所で話題になりました。警察がエントランス付近で、何か現場検証のようなことをやっていました。
それ以来、1時間に1度は必ず、車かバイクに乗った警察官が見回りに来るんです。
“お2人”はいなくなったのに、何かまだ物騒なことが続いているんでしょうか」

そう不安げな表情の近隣住民が話す「いなくなった2人」――それは、秋篠宮家の
長女・眞子さま(26)との縁談が進む小室圭さんと、母親の佳代さん。2人は長年、このマンションで暮らしてきた。

皇族の婚約内定者の自宅とあって、マンションの脇には、警察官が雨風をしのぐための
「ポリスボックス」が置かれ、警備が続けられてきた。ただ、8月上旬に小室さんがアメリカ留学に
出発すると、警察官の姿は消え、ポリスボックスは空っぽになった。

事件は、それを待っていたかのように起きた──。

娘を嫁に出す父親としては、そうした状況で心配が募るのも、当然のお気持ちだろう。さらに、ご夫妻の不安な気持ちに拍車をかけるのが、佳代さんの“失踪”情報だ。

「最近、マンションには、小室さんのおじいさんだけが暮らしているようです。つい最近も近所の病院で見かけました。でも、圭くんが留学してから、お母さんの姿はまったく見かけなくなりました」(マンション住民の1人)

先日来、本誌・女性セブンは佳代さんが小室さんを追って渡米した可能性を報じてきた。

「佳代さんのアメリカ滞在の可能性を知った日本のメディアが“佳代さんはNYにいるのか?”と在NY総領事館に多数問い合わせをしたのですが、外務省は『捜すに及ばず』と指示したそうです。“もうこれ以上は小室家を特別扱いしたくない”という宮内庁や外務省の意向が滲みますが、かえって佳代さんの居場所に強く気を配っていることを露呈させました」(皇室ジャーナリスト)

https://www.news-postseven.com/archives/20181004_775102.html?PAGE=2

2 : 名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2018/10/05(金)09:08:56 ID:ogC [1/2回]小室「金なくてビザ取れないけど、母国で迫害されてるからアメリカ亡命させて」

4名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2018/10/05(金)09:10:51 ID:ogC [2/2回]
ウンコ投げ込む民族なんて彼らしか思い浮かばない
5 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2018/10/05(金)10:19:54 ID:Wj6 [1/1回]
何のマッチポンプだよ?
あ、それとも頑張りが足らんってか?
6 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2018/10/05(金)11:12:05 ID:vHE [1/1回]
>>4
間違いないね

上場を待たずに配当がもらえるICO?REGAIN プロジェクト※詳しくはこちらをクリック※

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Network-wide options by YD - Freelance Wordpress Developer