毛穴が開く3つのタイプ別による原因

寒くなると目立ち始める毛穴。

毛穴が開いてしまうのには、いくつかの原因があります。

自分の毛穴の開きの原因は何か?

それを知らなければ、毛穴の開きは悪化していきます。

今回は、毛穴が開く3つの原因をご紹介します。

皮脂が詰まって毛穴が開くタイプの人

乾燥で皮脂の異常分泌が起こって毛穴に皮脂が詰まっている、新陳代謝の低下で肌のターンオーバーが遅れて古い角質が残ることで毛穴がふさがれて皮脂が詰まっているかのどちらかの状態で脂が毛穴に詰まって目立っているタイプの人です。

肌の表面にごわつきがあったり、毛穴が黒ずんでいる人がこのタイプです。

乾燥で皮脂が異常に多くなるのは、乾燥で敏感になっている肌を刺激から守るためです。

また、皮脂が毛穴に詰まったままになって酸素に触れて酸化すると、黒くなって毛穴の黒ずみになります。

皮脂による毛穴の目立ちが気になるタイプの人は、

・保湿対策

・ピーリング

・ホットタオルの活用

などで対策しましょう。

保湿対策にはセラミドがおすすめです。

ピーリング剤は天然のフルーツ酸・AHAを使うと、古い角質層を優しく取り除けます。

ホットタオルはクレンジングと洗顔の前に毛穴を開かせるために使いましょう。

ストレスで毛穴が開くタイプの人

ストレスで緊張状態が続くと、自律神経のバランスが崩れます。

自律神経の交感神経ばかりが働くと、イライラや緊張で血流が悪くなり、皮脂が多く分泌される、肌のターンオーバーが乱れるといった状態になります。

毛穴が丸く開いていたり、Tゾーンの毛穴が特に目立つ人は要注意です。

自律神経からの毛穴の目立ちを解消するためには、リラックスする時間を作ることです。

また、睡眠時間をしっかり取って、寝る時間帯もある程度同じになるように整えましょう。

ぬるま湯のお風呂にゆっくり入って、副交感神経を優位にするのもおすすめです。

たるみで毛穴が開くタイプの人

加齢や筋力、弾力不足によって顔のたるみが起こり毛穴が開くタイプの人もいます。

最近は、加齢だけではなく若くても表情筋の衰えや食生活の乱れなどで顔がたるむ若い女性が多いので、若い人でも油断禁物です。

頬の部分の毛穴が涙型に縦に開いている人は、このタイプの可能性が高いので要注意です。

肌のハリを取り戻すことがたるみ毛穴の改善につながるので、ハリを取り戻す対策をしていきましょう。

例えば、コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンを化粧品で補給したり、表情筋エクササイズをするなどで、弾力や筋力をアップしていけば、少しずつ毛穴が目立なくなります。
<img src=”http://www.<rentracks.jp/adx/p.gifx?idx=0.24554.228448.3282.5027&dna=73051″ border=”0″ height=”1″ width=”1″>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Network-wide options by YD - Freelance Wordpress Developer