乾燥で目立つ!老け顔を解消する表情筋トレーニングの方法


老け顔を作るのは、目元や口元のシワ、ほうれい線だけではありません。

最近は、マリオネットラインで老け顔になり悩んでいる女性が多いです。

ほうれい線などと比較すると、まだまだ知られていないマリオネットラインを知らない女性が多く気づかないまま過ごしているケースも多いです。

今回は、マリオネットラインの正体や原因、解消法をご紹介します。

マリオネットラインとは?

マリオネットラインとは、ほうれい線よりも少し下の口角から顎に向かって下に伸びるシワのことです。

腹話術を思い浮かべていただくとわかりやすいかもしれません。

操り人形のマリオネットの口の部分には、口角から顎に伸びる線がありますね。

その線と似ていることからマリオネットラインと呼ばれるようになったのです。

40代から目立ち始める女性が多く、ほうれい線と同様にメイクだけでは消えないため、早い目の対策が必要です。

マリオネットラインができる原因

マリオネットラインができる原因には、顔のたるみ、乾燥、老化があります。

これらの原因で顔の肌にハリがなくなってくると、重力に逆らえず下がってしまうため、ほうれい線とともにマリオネットラインも深くなります。

乾燥により保湿成分が少なくなったり、筋力低下により顔がたるんだり、老化でハリ成分が少なくなり、顔の皮膚が垂れ下がります。

そのせいで顔の下の方にあるマリオネットラインに影響が出るのです。

マリオネットラインの解消法

マリオネットラインの解消法の中で一番効果的なのは、表情筋トレーニングです。

顔の筋肉を鍛えることで血流が良くなり、新陳代謝がアップすると、保湿力や弾力がアップする傾向にあります。

まずは、顔の体操として表情筋トレーニングを習慣化しましょう。

ここで、マリオネットライン解消に効果的な表情筋トレーニングをご紹介します。

1. 「お」と発音し、口を縦に大きく開けます。鼻の下をできるだけ伸ばした状態で、約10秒間キープします。

2. 1の状態のままで、眉を上げて目線だけ天井に向けます。この状態で約10秒間キープします。

3. 自然な表情に戻ってから、目を大きく見開いて5秒間ほど静止します。

4. 次に口を横に開いて前歯がしっかりと見えるほどダイナミックに笑います。できるだけ口角は上げましょう。

5. 笑った状態から下顎を前に突き出して、約10秒ほど静止します。

これを毎日5セット〜10セット程度行います。

最初は、頬や顎のあたりがだるくなってくる人もいると思いますので、無理せずに休んでは続けていきましょう。

このエクササイズを続けていると、マリオネットラインが解消されるだけではなく、笑顔も美しくなってきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Network-wide options by YD - Freelance Wordpress Developer