大人ニキビができる原因


肌トラブルで大きなお悩みと言えば、大人ニキビです。

10代の頃にできる思春期ニキビと違い、大人ニキビはなかなか治りにくいのがつらいです。

10代によく出るニキビは思春期ニキビといい、これは成長ホルモンの刺激により、皮脂が過剰分泌して引き起こされるものです。

思春期ニキビは、Tゾーンや額、鼻にできやすいです。

20代以降の、大人になってからできるニキビを大人ニキビと言います。

大人ニキビができる原因には、いろいろなパターンが考えられます。

しかも、複数の要因が複雑に重なり合って引き起こされるものなので、改善するのも大変なのです。

大人ニキビを思春期ニキビと区別する特徴として、以下が考えられます。

あごや口の周りにできる

肌が乾燥しているのになぜかニキビができる

何回も同じところにできる

できるタイミングが生理周期と同じ

大人ニキビの原因もいろいろ。

しかも、なかなか改善しにくいところに原因があるので、やっかいです。

~大人ニキビの原因~

生理周期

これが、ありがちな原因ではあります。

私たち女性の体の中には、女性ホルモンがあります。

女性ホルモンは、お肌や体を健やかに保つためになくてはならないものです。

そして、女性ホルモンの中には、大人ニキビに影響を与えるものもあります。

それがプロゲステロンと呼ばれる黄体ホルモンです。

プロゲステロンは、排卵してから生理が始まるまでに増加し、生理から排卵までの時間に減少する、という特徴があります。

生理前になると、ニキビができやすくなる、という方は、プロゲステロンによって、皮脂が増加し、毛穴に詰まってしまっているのが原因と考えられます。

「生理が原因なら対策をとりようがないじゃないの!」と思ってしまうかもしれません。

しかし、生理が原因と考えられるのなら、それに合わせた対策をすればいいのです。

排卵から生理までの約2週間は、スキンケアを特に入念にしてみましょう。

生活習慣を規則正しいものにすることも必要です。

そして、丁寧に洗顔し、たっぷり保湿します。

このような生活をすることで、お肌のコンディションが整って、生理前のニキビを回避しやすくなるのです。

ストレス

過度なストレスにさらされていると、自律神経が乱れます。

すると、皮脂分泌が過剰になり、お肌のターンオーバーが乱れてしまいます。

これにより、皮脂が毛穴に詰まりやすくなります。

ストレスはなるべく発散して、ためこまないようにしたいものです。

思い当たるストレスがある方は、そこから改善していきましょう。

生活習慣の乱れ

不規則な食生活、栄養バランスの偏った食事をしていると、ニキビができやすくなります。

特に、揚げ物、スナック菓子、甘いものは要注意。

油分の多い食べ物は皮脂分泌を増やしますし、過剰な糖質も、皮脂分泌を増やしてしまいます。

タンパク質、ビタミン、ミネラルをバランスよく含む食生活を心がけましょう。

睡眠不足もニキビのもとになります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Network-wide options by YD - Freelance Wordpress Developer