大人ニキビの正しいケア方法

大人ニキビは、改善しようと思っても、なかなかできにくいものです。

いつまでたってもニキビが治らなかったり、治ったと思ってもまた同じところに出てしまったり・・・。

けれども、ヤケになってはいけません。

正しい方法でニキビケアをしていけば、改善は見えてくるはずです。

一番いけないのは、皮脂を根こそぎ取ろうとして顔を洗いすぎてしまうこと

べたついてしまうかもしれないと、化粧水を使わない、なんていうスキンケアもNGです。

間違ったケアをしていると、かえってニキビを悪化させてしまいますよ!

そうではなくて、正しい方法でケアすべきなのです。その方法をご紹介します。

洗いすぎない

意外かもしれませんが、乾燥も、大人ニキビの原因の1つです

脂っこい肌だけが、ニキビができやすいわけではありません。

だから、過剰に洗顔をしていて、お肌のうるおいが奪われた状態でいると、お肌は乾燥から守るために、皮脂を過剰に分泌しようとしてしまいます。

そして、毛穴が詰まります。

洗いすぎて、よけいにニキビができてしまうパターンです。

洗顔は、朝と夜の1日2回でじゅうぶんです。

それも、刺激の弱いマイルドな洗顔料で、お肌のうるおいを残しつつ、やさしく洗い上げるようにしましょう。

うるおい補給をたっぷりと

お肌が乾燥すると、角質が熱くなります。

そして毛穴の入り口が詰まりやすくなります。

そしてニキビができます。

それを防ぐために、化粧水を使って、たっぷりの水分を与えてあげましょう。

お肌を柔軟に保つことで、ニキビができにくくなります。

さらに、乳液をプラス。

水分と油分のバランスがとれた状態にします。

このように、しっかり保湿していれば、水分と油分のバランスが整えられてきます

しっかりと保湿をすれば、バリア機能はたかまり、ニキビができにくいお肌になっていくのです。

清潔をこころがける

たくさん洗顔しなさい、ということじゃないですよ。

お肌に触れるものを清潔なものにする、という意味です。

せっかく洗顔をしていても、タオル、枕カバー、シーツなど、お肌に直接触れるものがよごれていると、それがニキビの原因になってしまいます。

だから、いつも清潔な状態を保つようにしましょう。

見落としがちなのが、メイクグッズです。

メイクブラシ、スポンジは、いつもなにげなく使うものですが、実は雑菌がけっこうたまっています

そのままの状態で使い続けていると、それが大人ニキビの原因になってしまいます!

こまめにお手入れをしましょう。

定期的に洗うとか、汚れてきたら新しいものに取り換えるかして、お肌に触れるメイクグッズは、いつも清潔な状態をキープしましょう。

上場を待たずに配当がもらえるICO?REGAIN プロジェクト※詳しくはこちらをクリック※

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Network-wide options by YD - Freelance Wordpress Developer