上手なコーヒーの飲み方と身体に与える影響は?

皆さん、コーヒーはよく飲みますか?「コーヒーは体に良くないから自分はお茶しか飲まない」という人もいるんじゃないかと思いますが、果たしてコーヒーは体に悪いんでしょうか?それともいいんでしょうか?

コーヒーは世界で最も愛されている代表的な飲み物といっても過言ではないですよね。それゆえに最近はコーヒーが体に「どんないい影響を与えるか」についての研究も盛んになっています。

まず、おいしく飲むには?

レギュラーコーヒーでドリップして飲むなら、コーヒー豆は煎った瞬間から劣化が始まるので、出来るだけ煎りたての豆を少しずつ買って飲むのがベストです。

水はミネラルウォーターよりは浄水した水道水の方がマイルドになります。お湯は沸かしたてではなく、90度くらいまで冷ましてから入れます。最初にお湯を少しだけ入れて20~30秒蒸らします。その後もお湯を少しずついれます。もったいないからと最後まで出し切ると雑味が出てまずくなります。70度位に下がった頃が飲み頃です。

インスタントなら鍋にコーヒーの粉と水を入れて沸かします。沸騰しかけたら火を止めます。オフィスなど鍋が使えない場合は電子レンジで加熱してもいいです。

いつ飲むのがいい?

モーニングコーヒーを飲むと利尿作用があるので、前の晩に溜まった老廃物をおしっこと一緒に出してくれます。また、腸の動きを活発にして排便を促す作用もあるのですっきりした朝をスタートできます。ただし胃液の分泌を高める作用があるので、空きっ腹で飲むと胃炎のある人は症状を悪化させてしまいます。なので食後に飲めば消化を助けることになります。

二日酔いにいいってホント?

アルコールが分解する時に出来るアセトアルデヒドが二日酔いや頭痛の原因になるのですが、コーヒーはそのアセトアルデヒドの分解を促す作用があります。ただし、コーヒーには利尿作用もあるため、二日酔いにいいからとコーヒーだけを飲むとアルコールの分解に必要な水分が奪われて逆効果にもなりかねません。

飲みすぎたらやっぱり中毒になる?

コーヒーは血管を収縮する作用があるので一時的に血圧が上がることはあっても高血圧になることはありません。むしろ善玉コレステロールを増やして動脈硬化や高血圧を予防する働きがあります。

成人病の予防になる?

血栓が出来にくくなるので「心筋梗塞」の予防になります。コーヒーに含まれるクロロゲン酸という物質が「細胞の癌化」を抑えます。

コーヒーをたくさん飲む人は「糖尿病」になりにくいことが分かっています。ただし、ブラックで飲んでの話です。また、既に糖尿病にかかっている人はかえって血糖値が上昇するともいわれています。

カフェインとクロロゲン酸が脂肪を燃焼させ「メタボリックシンドローム」の改善に役立つことが分かっています。ただし、寝る前の缶コーヒーはメタボを更に悪化させてしまいます。メタボ改善のためにはブラックで飲む必要があります。

https://menzine.jp/job/sigotokoohii8261/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Network-wide options by YD - Freelance Wordpress Developer