観光バス運転手が意識失い蛇行 乗客がハンドル握り止める「けが人なし」

15日午前、三重県紀北町の紀勢自動車道を走っていた観光バスの運転手が意識を失い、乗客がバスを停車させました。けがをした人はいませんでした。

15日午前10時半すぎ、三重県紀北町便ノ山を通る紀勢自動車道で、下り線を走行していた観光バスの乗客から「運転手が意識を失いトンネル内で停車させた」と110番通報がありました。

警察によりますと、高丸山トンネルの中を走行中、46歳の男性運転手が突然意識を失い、バスが蛇行し始めたということで、運転手のうめき声などの異変に気づいた乗客が2人がかりで、壁に接触しながら走行していたバスを停車させました。

警察によりますと、後続の車に乗っていた人の証言などから、バスは運転手が意識を失った状態で1キロほどの距離を走行していたとみられますが、当時バスに乗っていた運転手、添乗員、乗客の合わせて35人全員にけがはなく、ほかの車両を巻き込むこともありませんでした。

警察などによりますと、観光バスは15日朝早くに浜松市内の営業所を出発し、愛知県豊橋市で乗客を乗せ、和歌山県串本町へ向かう途中でした。

運転手は意識を回復し命に別状はないということで、警察が当時の状況などを引き続き詳しく調べています。

乗客「いろいろなスイッチ触りエンジン止めた」

バスを停車させた乗客の男性は当時の状況について「トンネルに入ったあとバスのタイヤが側壁に接触したので、おかしいと思って運転席に行くと、運転手が口から泡を吹いて意識を失っていました」と話しました。

そして「もう1人の乗客とハンドルを握って対面通行の対向車にぶつからないようにしました。とにかくいろいろなスイッチを触ってなんとかエンジンを止めてバスを停車させました」と話していました。

男性はバスが蛇行運転を始めてから停車するまでの時間を2分間から3分間くらいだと感じたということで「当時は心臓がばくばくしていました。乗客にけが人がおらず無事でよかったとよろこんでいます」と話していました。

バス会社「健康状態に問題なし」

バスを運行した浜松市の「ラビット急行」によりますと、運転手の男性は15日午前5時20分ごろ浜松市内の営業所に出社したあと、バスでJR豊橋駅に向かい、客を乗せて出発したということです。

運転手は14日は一日休暇を取得し、15日朝、出社後に行った健康チェックでは問題がなかったということです。

この運転手は平成21年からこの会社で働いていて、これまで健康状態などに問題はなかったということです。

ラビット急行は平成6年に設立され、大型バス26台を含む32台のバスで浜松市や愛知県豊橋市の営業拠点を中心にバスの運行事業を行っています。

運転手は36人いて、年2回の健康診断のほかに健康講習も行うなど、運転手の健康管理を徹底していたとしています。

ラビット急行の鈴木良太総務課長は「ご迷惑をおかけしてすみません。ドライバーを含む社員の健康管理に力を入れていただけに、こうした事態になりショックです。今後こうしたことが起きないよう再発防止策を検討していきます」と話しています。

相次ぐ運転手の意識喪失

バスの運転手が病気や体調不良などで運転中に意識を失うケースは各地で相次いでいます。

▽先月28日、横浜市で路線バスが乗用車に追突し、母親と一緒にバスに乗っていた16歳の高校生が死亡しました。
逮捕されたバスの運転手は睡眠時無呼吸症候群と診断されていました。

▽ことし6月、富山県南砺市の東海北陸自動車道で走行中の観光バスの運転手がくも膜下出血で意識を失い、異変に気づいた乗客らがバスを緊急停止させましたが、3人がけがをしました。

▽5年前には三重県亀山市の東名阪自動車道でも観光バスの運転手が突然意識を失い、乗客3人がハンドルを操作するなどしてバスを停車させました。
乗客にけがはありませんでしたが、運転手は死亡しました。

国土交通省のまとめによりますと、こうした事故はおととしまでの5年間に60件起き、脳や心臓の病気が原因で意識を失ったケースが多いということです。

事故を受けて東京都は、都営バスに勤務するすべての運転手を対象に、今年度からMRIを使った脳の検査を3年に1度受けるよう義務づけ、岐阜市の会社が運転手全員に脳の病気を調べる「脳ドック」の受診を義務づけるなど、運転手の健康管理に重点を置いた対策もとられ始めています。

専門家「運転は非常にストレスかかる作業」

病気が原因で起きる交通事故の研究を続けている、医師で滋賀医科大学の一杉正仁教授は「そもそも運転は正確に周囲の状況を認知して動きを判断し行動に移すという非常にストレスがかかる作業であって、人によってはそれだけで血圧が上がる。まして客を乗せている観光バスの運転手は、安全への配慮や長時間運転でさらに多くのストレスがかかる。こうしたストレスが持病などに作用して運転中に意識を失うことにつながりやすい」と指摘しています。

そのうえで「運転手は自分が思っている以上に健康管理を徹底しなければならないし、会社や事業所も、運転手の健康管理はもちろん、体調がすぐれない運転手がすぐ相談できる体制を整えることが必要だ」と話しています。

一杉教授は「運転中の急病発症による事故は実は昔からあるが、社会に認知されるようになったのは本当に最近のことで、さらに広く知ってもらう必要がある」と呼びかけています。

引用元:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181115/k10011711561000.html
2 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2018/11/16(金)10:24:14 ID:x1W [1/1回]こわぁー。
そしてバスをとめた乗客GJ。>運転手は意識を回復し命に別状はないということで、
>警察が当時の状況などを引き続き詳しく調べています。よかったなぁ。この状況で考えうる最善の展開だとおもう。

3 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2018/11/16(金)10:40:58 ID:xiF [1/1回]
いつでもどこでも起こり得るから、恐い……
4 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2018/11/16(金)10:43:56 ID:tfq [1/1回]
ホント無事で良かったよね
バスを停車させた2人の乗客GJ…なニュースなんだけど何だろう
俺の中にある抑えられない厨二感…
くっ、鎮まれ….鎮まれ…
5 : 名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2018/11/16(金)11:18:34 ID:7z6 [1/1回]
日本の道路でよかった
あの国なら欄干突き破って…
6 : 忍法帖【Lv=7,ばくだんいわ,2Dc】[] 投稿日:2018/11/16(金)11:33:38 ID:22V [1/1回]
泡吹いて意識失ってた、て怖っ
もう殆ど会社も客も当人ですら出来ること無いんじゃ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Network-wide options by YD - Freelance Wordpress Developer