【オーストラリア】巨大すぎる牛!業者も「デカすぎてサバけない」と買ってくれない。おかげで命拾い!!


人間と同じく動物にも個体差があり驚くほど大きくなる場合もあるわけだが(関連記事)、そのおかげで平和な人生を送れることになった牛がいるようだ。

オーストラリア・パースから南へ136km、マイアラップのレイク・プレストンにあるジェフ・ピアソンさんの牧場で飼われているニッカーズ(7歳)だ。

体重1.4t、体高194cmという巨大なホルスタインの去勢雄牛なんだけども、つい先月、食肉処理業者に売られそうになったところ・・・?

幼いころから先導牛として優秀だったニッカーズ

ニッカーズがピアソンさんの牧場にやってきたのは生後12ヵ月のころ、ほかの牛を先導する先導牛として購入された。

ニッカーズはピアソンさんが期待していたよりもはるかに優秀で、ほかの牛とは比べものにならないほど傑出した才能を持つ先導牛だった

そのため同期たちは次々に食肉処理業者へと売り渡されたが、ニッカーズは先導牛としての役目があるため売れなくなるギリギリまでそこに残されることになった。

食肉業者も匙を投げるレベルのデカさに成長

そうこうするうち、ニッカーズはめちゃめちゃ大きく成長した。約2万頭もの牛を飼育するピアソンさんもびっくりするレベルのデカさだ

これはいよいよ売れなくなるぞ・・・そう考えたピアソンさんはついに先月、ニッカーズを競売にかけることにした。

すると食肉処理業者から「シンプルにでかすぎて捌(さば)けない」といわれてしまい、ニッカーズは食肉処理場へ行くことなくピアソンさんの牧場で先導牛として一生過ごすことが決定したのである。

ユニークな名前は牧場主がダジャレ感覚で命名

巨大なニッカーズは、数百頭、数千頭の牛を従えてあるくのにぴったりの迫力だ。

しかも、ほかの牛たちは外国産WAGYU(和牛)で濃い茶色をしているが、ニッカーズは黒色と白色のザ・牛柄で超目立つんだ。

ちなみに、ニッカーズ(knickers)は日本語にすると「パンティー(女性用パンツ)」という意味だ。変わった名前だがその由来についてピアソンさんは、

ニッカーズが我々のもとにやってきたとき、ブラフマンという名前の先導牛が先にいたんだ。ブラフマンは「ブラ」だから、ブラとパンティーでバッチリさ。こんなにデカパンになるとは思わなかったけどね!

とコメントしている。

これまでに確認された中で最も巨大な去勢雄牛はイタリアのベッリーノで、2010年に計測された際の体高は2mを超えていたそうだよ。ニッカーズもまだまだ大きくなるのかな?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Network-wide options by YD - Freelance Wordpress Developer