人は心停止後死亡だと思っていたが、実は脳細胞は死後も機能している(米研究)


人間の脳は死後も機能している。つまり、人は自分が死んだことを知るのだと研究者は伝えている。

今回明らかになったのは、心停止後も数秒は脳が機能しているということだ。

意識はそのまま残っているので、人は自分の体に何が起こっているのかきちんと認識しているかもしれないのである。

心肺停止後も人は周囲の出来事を認識する

アメリカ・ニューヨーク、ストーニーブルック大学医学部のサム・パーニア(Sam Parnia)氏らは、ヨーロッパとアメリカで起きた心停止の事例を調べ、死後の意識について研究した。

その結果、心停止から生還した人は、医学的には死亡した状態にありながらも周囲の出来事を認識しており、蘇生後にはその間に見聞きしたことを語れるのだということが分かった。

2017年にリメイクされた臨死体験をモチーフにした映画『フラットライナーズ』では、臨死体験から蘇生した医大生コートニー・ホームズが、過去に関する不可思議なビジョンに苦しむようになった。

しかし現実には、記憶にそのような不思議な力は備わらないとパーニア氏は話す。

「患者は、治療に当たる医師や看護師が見えて、そこにいた人間にしか分からないような現場の様子を語ることがあります。」

「死亡が宣告されるのは心臓が止まったときを基準とします。厳密に言えば、だからこそ人は臨死体験をすると言えます」とパーニア氏。

心肺蘇生法により送られる血液で脳が再び機能

死亡したと判断される心停止の瞬間、脳の機能は「ほぼ一瞬」で停止する。

思考を司る大脳皮質もまた機能が衰え、反応を示さなくなるが、脳細胞自体はそれから数時間は活動できるというのだ。

心臓が止まった人に心肺蘇生法を行うと、必要な血液の半分ほどが脳に送られる。これは脳機能にスイッチが入るには十分な量なのだという。

さらに心肺蘇生法によって心臓が再び動き出せば、脳は徐々に機能を取り戻す。心肺蘇生法が長く続けられるほど、脳細胞の死はゆっくりゆっくりとなっていく。

「こうした深淵な体験をした人は、いい方向に大きく変わる傾向にあります。利他的になって、人を助けようとするのです。」「

死に直面したことで、人生に新しい意味を見出します。映画のように、記憶に魔法のような影響が出るのとは違いますがね」とパーニア氏は言う。

引用元:http://karapaia.com/archives/52268108.html

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Network-wide options by YD - Freelance Wordpress Developer