地下鉄内で恐ろしい体験をした女性が見知らぬ男性に助けられた防衛方法がカッコイイ

公共の交通機関は、便利だし安価なので多くの人が日々使っている。だが、不特定多数が利用するがゆえに、悪意をもった人間に出くわすような厄介な状況に遭遇することもある。

ある女性が、地下鉄での自分の恐ろしい体験を海外掲示板でシェアした。友人のアパートへ向かう途中で、気味の悪い男につきまとわれたのだ。

彼女の恐怖はまったく根拠のないことではない。ニューヨーク市警の報告によると、昨年の交通機関内での性犯罪数は1024件で、この数字は不穏だ。

ニューヨークのこの状況は、とくに女性の心に恐怖心を植えつけ、自己防衛本能をあおり、ネット上には交通機関での防衛対策のコツが出回っている。

しかし、この彼女は注意喚起のための話を投稿したわけではなく、絶妙なタイミングで助けてくれた見知らぬ人の親切に感謝するために、自分の体験を披露した。

地下鉄の中で私の様子を察し、助けてくれた男性へお礼がいいたい

わたしが1番で電車に乗ったとき、すぐ後ろからひとりの男が乗り込んできた。これ自体はべつにどこでもありえること。

でも、ホームで電車を待っていた6分間の間、この男はずっとわたしの後ろに立っていて、”ベイビー”とかなんとかつぶやいていたので、ちょっとヘンだと思っていた。わたしが座席に座ると、この男はすぐ隣に座ってきた。

しばらく我慢していたけれど、不安で気分が悪くなりそうだったので、立ち上がって、他の人たちが固まって座っているところの近くに行ったわ。

すると、その中のひとりの男性がわたしに向かって言ったの。

“やあ、ローレン。きみもジェフのディナーパーティに行くの?”

わたしは一瞬なんのことかわからずにきょとんとした。だって、わたしの名前はローレンではなかったから。

でも10秒くらいして、彼がなにをしようとしているのかピンときた。

わたしは”そうよ”と答えた。彼は、”ちょうどいいタイミングだから、一緒に行こう。どこの駅で降りるんだっけ?”と訊かれたので、おしえたわ。

彼は“ジェフが送ってきたメールを見て”、と言って、ノートアプリをわたしに渡したの。そこには”大丈夫?”と書いてあったわ。

彼は親切にわたしの脇に来てくれたので、わたしはそこに文字を打ち込むことができた。だから、”ヘンな男につけられている”と書いたの。

結局、この男性はわたしが降りる駅で一緒に降りてくれて、彼自身は103番の駅で降りるはずだったのに、わざわざ友だちのアパートまで送ってくれた。

例の不気味な男は、まもなくいなくなったわ。幸いなことに、助けてくれたこの男性がその男よりもずっと大きな人だったからね。

わたしはこうしたピンチになったことはないのだけど、そうした状況になったときどうすべきか、いつも自分に言い聞かせていた。

でも、実際にその場になってみると、ただ縮み上がるばかりで、頭が真っ白になってなにもできなかった。

そんなわたしの状況に気がついて、機転をきかせてくれた親切な人がその場にいたことにとても感謝しているわ。

ニューヨークでは、自分のことで頭がいっぱいな人が多いのに、あなたがいてくれて、本当に助かった。

心からありがとう!!

マイケル。あなたの約束の時間に遅れさせてしまって、ごめんなさい。でも、あなたはわたしの真の守護神だった。
Thank you to the guy on subway who could read my body language.

マイケルという男性が、この女性に手を差し伸べてくれて本当によかった。彼は状況がこれ以上悪くならないようにしただけでなく、女性が確実に安全に友だちの家に行けるようにわざわざ自分の時間を割いたのだ。

海外の反応

Abysha:
心配そうな顔をした男性がアイコンタクトしてきたら、自分の背後がこれと同じような状況になっているのではと思ってしまうかも。

あなたとわざわざ一緒に歩いてくれたこの彼、すごく勇気がある。

ion_mighty:
まさにそのとおり。夜遅く、中年の男が近づいてきて、金を無心されたことがある。

その男はなかなか離れてくれなかったのだけど、ひとりの若い男性が通りすがりにわたしに目で合図して足を止めた。そして、その気味悪い中年男が諦めていなくなるまで、ずっと近くに立っていてくれた。

その後、その男性はまた目で合図すると、会釈して帰っていった。

そのとき、”ゲッ、また、おかしな奴が現われた”という気持ちから、”オッケー、わたしには味方がいるわ”という気持ちに変わった。

彼は無言で、この状況を完璧に解決してくれたと思う。わざわざ自分の時間を割いて、見知らぬ他人でもまともな人はちゃんといると確信させてくれた。それに気づくことができて嬉しかった。彼にちゃんとお礼を言えなかったことが残念。

きっと、地下鉄の守護神の彼はこの記事を読むことはないだろうけど、こうした善意の人全員にありがとうと言うわ!

eggcement:
ロンドンで似たような状況にあった人をお粗末ながら助けようとしたことがある。時刻は午前さまになる頃で、車両には乗客が半分くらい乗っていた。

その女性はかなりの美人で、対面にいた酔った男が彼女をじろじろ見て、”ヘイ、ヘイ、あんた、美人だねえ”とからかった。

彼女はとても居心地が悪そうだったが、まわりは誰もなにもしようとしなかった。ぼくはそこに割り込んで、そいつに話しかけた。”『クライムウォッチ』(英国の犯人探し番組)に出ているみたいだな”って言ってやったんだ。

まわりの乗客が笑い、奴はすぐに黙ったけど、相変わらず彼女をじろじろ盗み見ていた。あのとき、もっといい方法があったのではないか、といつも思うが、この記事の男性のアイデアはすばらしい。今度は参考にさせてもらうよ。

danshu83:
アルゼンチンでは女性たち自身が、性犯罪に巻き込まれそうな女性を助ける女性ネットワークを組織し始めていている。手首に紫のリボンをつけているので、互いにすぐわかる。ほかの多くの国でも広がっていて、町の通りを歩く女性たちに自信をつけさせてくれる。

ロンドンの交通機関は動画を作成してこうした問題に取り組んでいて、公共交通機関で許し難い性犯罪に遭遇したときは、勇気を出して届け出るよう、呼びかけている。

日本の場合は海外と文化が異なるので、どんなに助けてあげたくても、他人に気軽に声をかけることすら難しいので、今回紹介されたような助け方は難しいかもしれない。

だけど、まわりをよく見渡せば、不安におびえている人の表情は察することができるはず。その人の様子に多くの人が気が付くことができれば、そしてずっとみんなが見守り、観察し続けるだけでも、未然に犯罪が防げる糸口が見えてくるかもしれない。

引用元:http://karapaia.com/archives/52268364.html

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Network-wide options by YD - Freelance Wordpress Developer