見事な鍛え抜かれた筋肉で世界を震撼させたマッチョなカンガルー!ロジャー氏が永遠の眠りにつく。享年12歳

その鍛え抜かれた体と筋肉で、世界を震撼させ、ネットアイドルとなったオーストラリアのアカカンガルー、ロジャー氏(該当記事)が12月7日に亡くなった。享年12歳だった

アカカンガルーの寿命は12歳から15歳と言われているので、ほぼ寿命をまっとうしたということだろう。

今月12歳で寿命を全うしたロジャー氏の訃報

先週末ノーザンテリトリーのアリススプリングスにあるカンガルー保護区の運営者クリス・バーンズさんがフェイスブックで愛するロジャーの死を報告した。

その圧倒的筋肉で人気者となった生前のロジャー氏

ロジャー氏は2018年12月7日、12歳でこの世を去った。その死はとても悲しいものだが、カンガルーとしての寿命を全うした大往生だったという。

生まれてまもなく孤児になったカンガルー

しかし幸いにも発見者のバーンズさんが彼を引き取り、この12年間ずっと愛情込めて育ててきた。彼は産みの親こそは失ったが、バーンズさんの愛するわが子であり良き相棒でもあったのだ。

それからすくすく育ち、接近戦の習得し始めたロジャー氏はタフになり、トレーナー役もする恩人のバーンズさんに容赦ない蹴りを繰り出すほどに。

アカカンガルーのオスは天然のキックボクサー

群れの頂点に立つことで複数のメスとの繁殖が叶うアカカンガルーのオスは、生まれながらの格闘家でもある。

そのためロジャー氏もある時期から男性のバーンズさんを本能的にライバルとみなすようになり、何度もキックボクシングを挑んだ。幼いころからガッツがあったロジャー氏は、負けても決してあきらめることなく、何度も立ち上がり、また挑戦を挑んだという。

こうして、人間もうらやむ筋肉をつけ始めたロジャー氏。実はカンガルー界では腕の太さもまた、メスを惹きつける大きな要素なのだ。

太い腕が魅力。イケメンだったロジャー氏

ロジャー氏の腕は異例ともいえる太さだが、彼らはキックのみならずアームレスリングを絡めた練習試合で優位性を確立し、その地位を維持する習性がある

そのため若きカンガルーは戦いながら年齢とともにタフになり、より積極的なファイターになっていく。

鍛え上げた上腕二頭筋で勝利を重ね、何年も押しも押されぬトップに居続けたロジャー氏。つまり彼はカンガルー界でも格段にイケてるマッチョだったのだ

マッチョなのに愛らしいカンガルーとして話題に

身長およそ2m、見事な筋肉を誇るカンガルーとなった彼は2015年のネットデビュー以来、多くのユーザーの度肝を抜いて脚光を浴びていった。

とりわけ太すぎる彼の腕や胸は、カンガルーのイメージを覆す衝撃画像としてあらゆる人をクギづけにした。

そのため一部では加工を疑う者もいたが、まもなく実在が証明された。

しかもそのたくましい体はお飾りではなく実戦でついたもの。

魅せるだけの筋肉ではないことも明かになり、金属のバケツをいとも簡単に潰す姿もまた驚きとともに拡散された。

一方、彼には愛らしい一面もあり、ウサギのぬいぐるみを抱きしめる姿も報じられていた。

だがトレーニングに余念がないロジャー氏にとってはこのウサギも良き練習相手だったらしく、抱きしめた直後に地面に叩きつけ、ためらいなく蹴りつける姿も目撃されていた。

年齢と共に身体が衰え始めたロジャー氏

だが、人間界での人気とはうらはらに、年齢を重ねたロジャー氏の身体は少しずつ衰えていった。

バーンズさんは2016年にロジャーの老化の件にふれ、関節炎を患っていることや視力が落ちつつあると明かしていた。


バーンズさんと晩年のロジャー氏

「ロジャーをなでさすってやる日が来るとは思いもよらなかったよ。でもロジャーはだんだん年老いてきてるんだ」

ロジャー氏の生涯を振り返るバーンズさん

バーンズさんは先週の投稿で「今日はとても悲しい日です。私たちが愛する素晴らしいカンガルーのロジャーが亡くなりました」と話している。

「この保護区は私が10年前に作りました。ロジャーと彼の2頭の妻、エラとアビゲイルに家を与えたくてね。彼は何年もボスであり続けた立派なオスでした」

「多くの仲間をまとめあげていただけでなく、世界中の人を愛し、愛された素晴らしいカンガルーでもあったんです」

バーンズさんは、この日から保護区のメンバー全員がロジャーの生涯を振り返るだろう、と語っている。

悲しみに暮れるファンからメッセージが押し寄せる

ロジャー氏の訃報を機に、フェイスブックにはファンのメッセージが殺到し、予期せぬ悲報に多くの人々が涙した。

バーンズさんのフェイスブックには4万人超のユーザーが訪れ、ありし日の彼を悼む声が届いていた。

・今夜はオーストラリアの国民だけでなく、世界中の多くの人が悲しみに沈んでいるよ。

・ロジャーは素晴らしいオスのカンガルーだよ。たくさんの愛をもらって見事な生涯を全うした。私もバーンズさんと同じくらいさびしく思っています。ロジャーよ安らかに。

・天国につぶし放題のバケツがたくさんあることを祈って。

・ハンサムなカンガルーだったロジャー氏が虹の橋の向こうでもボクシングを楽しんでますように。

・何て悲しいニュースだ。彼はとても素敵な動物だった…

・「いつでも相手してやるぜ」って雰囲気の彼が本当に好きだった。トウモロコシにかぶりつきながらなわばりをぶらつくだけで群れを仕切るボスなんてなかなかいない。ロジャーよ、安らかに。

・ロジャーは最高の生涯を送ったと思う。特に晩年はバーンズさんの献身的なお世話のおかげで長生きできたんじゃないかな。

・長い間ロジャーのために尽くしてきたバーンズさんもすごいと思う。

・うちの祖父も「このカンガルーは運のいいカンガルーだな」と言ってた。

・ロジャーは中央オーストラリアの正確な場所を世界中に知らせてくれた魅力いっぱいの動物だったよ!

・ありがとうバーンズさん!孤児だったロジャーが元気で過ごせたのも、みんながロジャーを知ることができたのもバーンズさんのおかげだよ。

・もうロジャーに会えないと思ったら涙がとまらない。

・バーンズさんとロジャーの出会いはお互いにとって幸運だった。ロジャーは本当に魅力的な存在だった。

・ロジャーはほんとにすごいやつだった。間違いなくハンサムなオスだ。バケツ潰すところなんて最高だったよ。眠りについた彼に永遠の祝福を。

先月末、亡くなる10日前のロジャー。満腹で休んでいるところ。

「キング」とも呼ばれたロジャーは保護区の敷地内に埋葬されている。長年住んだこの場所なら愛する家族と一緒にいられてさびしくないからだ。

バーンズさんは「ロジャーはいつもここにいます」と語っている。

一足先に旅立たれたのは悲しいけれど、マッチョでタフで愛らしいロジャー氏の雄姿はみんなの心にいつまでも留まり続けることだろう。

ロジャー、ありがとう!そして安らかに。

引用元:http://karapaia.com/archives/52268643.html

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Network-wide options by YD - Freelance Wordpress Developer