ライオンがノースカロライナ保護区の収容所を脱出した後に労働者を虐殺する

Male lion, known as Lipstick, walks through a beautiful landscape at early morning in the Masai Mara, Kenya.

この施設が明らかにしたところによると、動物が施錠された囲い地から逃げ出した後、日曜日にライオンがノースカロライナの野生生物保護区で労働者を虐殺したという

バージニア州との国境近くのキャズウェル郡にあるコンサベーターズセンターのスタッフは、何人かのライオンが施錠されたスペースを離れ、人間が働いているところに入ったときに「定期的な囲い掃除」を行っていた。 HuffPostによって。

労働者はすぐに殺害された、と声明は付け加えた。

キャスウェル郡保安官事務所は、被害者を22歳のアレクサンドラ・ブラックと識別しました。彼女は最近インディアナ州立大学を卒業し、約2週間その施設で大学のインターンとして働いていました。

保安官の声明によると、「ライオンを鎮静させるためのいくつかの試みは失敗した」という。 「当局者が犠牲者を取り戻すことを可能にするために、ライオンはキャスウェル郡議員によって撃たれ殺されました。」

当局は、午前11時30分ごろにセンターに対応した、とRaleigh station WRALは報じた。

同施設の声明によれば、「現時点では、ライオンが施錠された囲いをどのように去ったのかは不明である」と、清掃スタッフは専門的に訓練された動物飼育係の指導の下で働いていた。 「ライオンはキャズウェル郡職員が労働者を取り戻すことを可能にするために撃たれ殺されました。」

事件当時、保護区が開放されているのか、それともゲストを迎え入れているのかは定かではない。この施設は追加のコメントを求める要求にすぐには応じなかった。

Conservators Centerは、45エーカーの敷地内で80匹以上の動物を飼育する非営利団体です。そのウェブサイトによると、それは小さなスタッフによって運営されていて、その多くはボランティアです、そして予約を必要とする公共とプライベートツアーを提供します。

同施設のウェブサイトによると、この施設には15人のライオンが含まれており、そのうち10人は2004年にオハイオ当局が劣悪な条件で暮らしていることを発見した後に連れて行かれた。

「若くて健康的な人もいれば、年配の人や病気の人もいますし、ここで生まれた人もいます」と同ウェブサイトにはたくさんの動物がいます。 「それぞれの動物は独自の物語と個性を持っていますが – 彼ら自身の好き、嫌い、そして必要性を持っていますが – それらは共通する一つのことを持っています:それらはすべて価値があり、愛され、そしてよく温室で世話をされます。」

センターは、更なる通知があるまでそれは閉鎖されたままでいると言いました。

この話は地元の保安官事務所からの声明で更新されました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Network-wide options by YD - Freelance Wordpress Developer