月の裏側部分に宇宙船を着陸させた中国!宇宙での世界的リーダーの野望を加速させる勢い

中国は月の向こう側に宇宙船を着陸させた最初の国となり、国営メディアは木曜日に発表した。これは北京が宇宙探査の世界的リーダーになるという野心を固めたマイルストーンだ。

探査機は、チャン4号と呼ばれ、北京の午前10時26分に着陸し、地球の反対側を向いた月の暗い面に着地した。 2013年以来、月曜日に初めて着陸しました。中国の宇宙機関がもう1つの工芸品であるChang’-3を月に送ったのは、米国と旧ソビエトに次いで3番目の国となりました。

向こう側を探索するローバーを運んでいるChang’e-4は、すでに地球に画像を送り返しています。月の暗い側にあると直接信号が地球に送り返されるのを妨げるので、中国は5月にローバーとの通信中継として機能するために別の衛星を宇宙に送りました。

他の任務は月の向こう側の写真を撮った、しかし下の画像は表面から最初に撮られたものである

中国はその宇宙計画の大胆な計画を発表し、そしてもう一つの探査機、Chang’e-5を来年月に送る計画をしている。 その工芸品は1976年以来月のサンプルを地球に持ち帰った最初のものです。

ニューヨークタイムズ紙はまた中国がまもなく軌道上に宇宙ステーションを持つ唯一の国になる可能性があるとも述べた ドナルド・トランプ大統領は、彼がアメリカの新しい宇宙軍を売り込んだとしても、2025年までに国際宇宙ステーションへの資金提供を終了することを検討した。 それは中国のTiangong-2が唯一のそのような構造として存在するままにするでしょう。

アメリカは依然として人を月に送る唯一の国ですが、トランプ氏は将来アメリカ人を月面に送り返したいと言っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Network-wide options by YD - Freelance Wordpress Developer