深刻なるインドの過人口!2人の子供の政策?果たしてうまくいく?いかない?

 

インドの何人かの政治家は、彼らがその国の人口問題への素早い解決策であると信じるものを求めています:インドの市民のための2人の子供の政策

活動家や専門家は避妊や家族計画の必要性について一般の人々を教育するためにスクランブルをかけているので、これらの政治家は各家族が2人の子供しかいないように制限したいと考えています。
 
今日、インドの人口は1331億人で、中国に次ぐ人口です。専門家らは、米国国勢調査局によると、インドはほんの数年で中国を上回るだろうと推定している。
 
政府のデータよると、インドの出生率は、2000年の女性1人当たり3.2人の出生率と比較して、2016年の女性1人当たり2.3人の出生率に低下しています。しかし、急成長を続ける人口は、貧困の増加、雇用の減少、識字率の低さなどの理由から、何十年もの間懸念を抱いています。
 
インドの中央州マディヤからの立法者であるPrahalad Singh Patel氏が、2016年に議会のフロアで発表した人口規制法案は、「誰もこの法律の開始から1年後に2人以上の生きている子供を産むことはできない」と述べた。
 
法案 – これまで投票にも達しなかった – 彼らが増え続ける人口をチェックしたい場合、インド政府がとるであろう措置を列挙した。
 
可決された場合、法案は、2人以上の子供を持ちたい場合、役員から許可を求めることを義務付けますが、十分な理由が満たされない場合には拒否される可能性があります。
 
「考慮しなければならない普遍的な真実があります。水、道路、健康、衛生があります。人口が増え続けたらどうすればこれらの施設をすべて提供できるでしょう」とパテルはCNNに語った。
 
この法案の導入により議論が始まり、100人以上の議員が8月にインドの大統領Ram Nath Kovindに手紙を出し、彼の要求を真剣に受け止めるよう訴えた。
 
「土地が縮小し、人口が増えている。住宅を建てる場所はない。この状況では、人口をある程度制御する必要がある」と、実施を要求している立法者の一人であるGanesh SinghはCNNに語った。「今または後で、これをしなければならないでしょう。」
 
しかし、国際人口科学研究所の人口政策・プログラム学科長、B。Paswanは、この提案は現実的ではないと強調した。
 
「インドではそのような強力な政策を持ち込むことはできない。国民はそれを拒否するだろう。
 
この国の社会経済状況では2人からなる政策は不可能である」と彼は述べた。
 
「変化は開発とともに来るでしょう。それはすでにその方向に向かっています。」
 

家族を制限せずに辞退する

 
インド政府は、人口と開発宣言に関する国際会議の加盟国であるため、2人からなる政策を実施する計画はありません。
 
1994年に署名された宣言は、言論の自由を提唱し、自由に責任を持って子供の数と間隔を決定するためにカップルの生殖権を尊重します。
 
インドは何十年にもわたり人口管理に取り組んできており、その結果、政府の福祉プログラムは1日3ドル未満の収入で何千人もの人々のニーズに応えることができません。
 
「高い人口にはいくつかの要因があります。私たちは生殖年齢層の人口の大部分を占めています。避妊薬を使用しているカップルは54%にすぎません」とPaswanは述べました。
 
長年にわたり、政府は代わりに、金銭的インセンティブ、意識向上キャンペーン、コンドームやピルなどの避妊薬の配布などの家族計画の恩恵についてインド農村の家族を教育する、または滅菌ドライブを開催する12以上の計画を導入しました。
 
インド 2015年から16年までに家族計画に1億ドル以上を費やしましたが、これらのプログラムのいくつかは改善をもたらしました。
 
厚生省によると、インドの総人口増加率は、1991年から2001年までの21.5%から2001年から2011年までの17.6%まで低下しています。
 
 
人口の減少の背後にある他の指標があります:開発、教育水準の向上、結婚年齢の上昇、とPaswanは述べました。
 

中国の過ちから学ぶ

中国は2015年にその一人っ子政策を廃止し、夫婦が二人の子供を持つことを認める法律を変更した。
 
人口の高齢化や出生率の低下に伴い懸念が高まっているため、現在、国は出生制限を全面的に廃止する動きをしています。
 
2017年のこの国の出生率は低く、女性1人あたり1.6人の子供たちでした。
 
中国は、人口が非常に速いペースで増加しているという懸念に対して、1979年にその一人っ子政策を導入した。
 
しかし、この政策は、何年にもわたり若者人口が減少している一方で、65歳以上の人口の割合が約4%から約10%に上昇した、世界最大の経済国の1つに独自の課題をもたらしました。
 
男性の子供に対する欲求が夫婦の唯一の子供が男の子であることを確実にするための中絶および幼児殺害を報告することにつながったので、この政策はジェンダーバランスにも悪影響を及ぼしました。
 
2016年には、中国では女性1人当たり1.15人の男性がおり、世界で最も偏った男女比の1つです。
 
中国の失敗は、開発が人口増加を抑制するための鍵と見なされているインドなどの国々によって教訓としてとられています。
 
「中国は一つの子供政策を持っていた。当時政策は大成功だった。彼らは人口増加を抑制した。彼らは現在政策を中止した」とPaswanは言った。
 
「我々は、インドが2人の子による政策を実行すべきかどうかについて言うことはできません。政党が先に来ることはなく、インドがそれを採用すべきだとは言いません。」
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Network-wide options by YD - Freelance Wordpress Developer