盆栽泥棒400年前の希少の木を盗む!1300万以上の木7本の被害

盆栽泥棒が 東京の近くの埼玉県の庭から1300万円(118,000ドル)以上の価値のある7本の小さな木を盗んだ。

戦利品には、盆栽の世界のスターである400年前の希少なシンパクの木が含まれていました。
木を作った盆栽の達人である飯村冬美氏によると、賞金シンパクだけで1000万円(9万ドル)以上の価値があるという。
「私たちはこれらのミニチュアの木を私たちの子供のように扱った」と彼女は言った。
「私たちがどのように感じるかを説明する言葉はありません。それはあなたの手足が飛び散ったようなものです。」
飯村氏は、先月一連の夜に行われた盗難の責任者は、約3000ヘクタールの公園から約3,000本の盆栽を持つ「最も価値のある木」を特定したため、おそらく専門家であると付け加えた。
また、goyomatsusと呼ばれる3つのミニチュア松、そして今では野生では珍しいジュニパーの木であるより価値の低いシンパクのトリオも拉致されました

4世紀の仕事の価値

飯村冬美の夫である飯村誠二は、江戸時代(1603-1868)にまで遡る5代目の盆栽の達人です。
盆栽は、中国の古代の “penjing”、またはミニチュアランドスケープから生まれ、6世紀には海外旅行から帰ってきた禅仏教徒の学生たちによって日本に紹介されました。
彼らはそれを文字通り「容器に植える」ことを意味する「盆栽」と呼び、そして – その最も初歩的なレベルでは – 芸術は小さな容器の中に野生の木を育てることです。
盆栽の中には種子から育つものもありますが、特に元の木を採集するのは危険で、不安定な崖の上に生えているという理由で、シンパクの作成は面倒な作業です。
飯村さんは、400年前に盗まれた木は何世紀も前に山から取られたと言いました。
植物生理学の深い知識を通して、飯村の家族は次第にそのミニチュアの形に木を縮めました。
盗まれたときの身長は1メートル(3.2フィート)、幅は約70センチメートル(2.3フィート)でした。
「一晩でできることではない」と飯村氏。

「彼らは永遠に生きることができます」

盗まれた盆栽は闇市場で小さな財産を取得することができて、ヨーロッパに海外に出荷されることが知られていました、と飯村は言いました。
いくつかの職人が彼らの盆栽をソーシャルメディアサイトで発見した、と彼女は付け加えたが、彼らの小さな木を取り戻すことができた者はほとんどいない。
飯村氏は「手を入れ替えたら、木の所有権を取り戻すのは難しい」と述べた。
理想的には、カップルは彼らの盆栽が返されることを望みますが、彼らが彼らのミニチュアの世話をすることを泥棒に訴えたことに失敗します。
「盆栽を水やりしたことを確認するために盆栽を使った人は誰でもほしい。シンパクは400年間生きた。
それは注意を必要とし、水なしで一週間生き残ることはできない」と飯村は言った。
「彼らは永遠に生きることができます – たとえ彼らが適切なケアを受けていれば、私たちが去った後でも。」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Network-wide options by YD - Freelance Wordpress Developer